Shop

シネマクオリティを手持ちで実現 OM-D MOVIE

大幅に進化したボディー内5軸手ぶれ補正により、アクティブなカメラワークでも安定した動画記録が可能です。また、小型軽量のOM-Dだからカメラを意識させることなく、自然な表情を引き出すことができます。OM-D MOVIEはシネマクオリティを圧倒的な機動性で実現します。

    • video
    • https://www.youtube-nocookie.com/embed/fjkh--jtwvg?rel=0&vq=hd720
    • 本動画はE-M5 Mark IIで撮影した動画を編集して作品に仕上げたものです。
    • video
    • https://www.youtube-nocookie.com/embed/13XZ5mMAxNg?rel=0&vq=hd720
    • video
    • https://www.youtube-nocookie.com/embed/V6cczzV_Sz8?rel=0&vq=hd720
    • video
    • https://www.youtube-nocookie.com/embed/pCB-ZFjU4l0?rel=0&vq=hd720

OM-D MOVIEを支えるテクノロジー

5軸手ぶれ+電子補正によるムービー手ぶれ補正

E-M5 Mark IIに搭載されているボディー内5軸手ぶれ補正は、撮像センサーを磁力で常時動かすVCM方式なので、動画専用の手ぶれ補正機材を使用するときと同じような滑らかな動画を手持ちで撮影できます。動画撮影時は、5軸手ぶれ補正に加えて電子手ぶれ補正を組み合わせることで、より強力な手ぶれ補正効果を得られるM-IS1モードと、5軸手ぶれ補正のみをおこなうM-IS2モードから選択できます。

動画専用のAF/AE制御技術

動画専用のAF/AE制御技術を刷新。一眼トップレベルの動画性能を実現します。

マルチフレームレート、高ビットレート撮影に対応

マルチフレームレート(60p/50p/30p/25p/24p)、50Mbpsを超える高ビットレート撮影に対応しました。用途に応じて、最適な記録方式を選択できます。またプロレベルの動画編集に対応するALL-Intra形式での撮影も可能です。

HDMIモニタリングスルー

ライブビュー画面をHDMI出力する機能です。外部モニターで確認しながら、動画撮影が可能です。INFOボタンを長押しすると、撮影情報表示を消し、動画画質設定のフレームレートで出力し外部レコーダー記録に対応します。

  • 情報表示はHDMI出力先のみ。ピーキング表示は不可。
  • INFOボタン長押しで情報表示:OFF/フレームレート:動画画質設定に従う/音声:なし/映像:非圧縮YCbCr 4:2:2(4:2:0から4:2:2にアップサンプリング)に変更可能。
  • フレームレート24p、30p、60pの設定ではHDMI接続した外部機器への録画は推奨しておりません。

フォーカスピーキング

動画撮影中のフォーカスピーキングが可能です。従来の白/黒に加えて赤/黄に対応しました。FnボタンでピーキングのON/OFF、さらにINFOボタンで色・強度などの設定がライブビュー上で可能なので、シチュエーションに応じてすばやく使い分けることが可能です。

タイムコード記録

動画編集時に便利なタイムコードの記録が可能です。レックラン/フリーラン、ドロップフレーム/ノンドロップフレームを選択可能。また、タイムコードのスタート時間は時刻あるいは手動設定が可能です。

カラーグレーディングに適した動画専用ピクチャーモード「Flat」

(ファームウェアver.2.0による追加機能)
動画専用ピクチャーモード「Flat」を搭載しました。あえてコントラストを下げた映像にし、白とびや黒つぶれを抑えて、編集/カラーグレーディング後に階調性豊かに表現することが出来ます。

音声関連機能の充実

1. ヘッドフォン端子 2. ヘッドフォン装着時、コントロールダイヤルでヘッドフォンのボリュームをコントロールできる

オリンパスのリニアPCMレコーダーを接続すれば、より高品質の音声を記録することができます。外付けカメラグリップ HLD-8G(別売)にヘッドフォン端子を搭載しているので、録音される音声を聞きながら動画撮影が可能です。また21段階の調節が可能な録音レベル調整と、マイク入力の音が大きすぎるときに自動で音量を調整するマイク入力リミッターを搭載しています。

効率的な動画編集をサポート

(ファームウェアver.2.0による追加機能)
ハイレゾ音源が楽しめるリニアPCMレコーダーの録音開始/停止と、カメラの動画撮影開始/停止の同期が可能です。また、動画撮影中に基準となる音(スレートトーン)を記録しておくことで、撮影後の編集で、映像と音声の同期がとりやすくなるスレートトーン発生機能も利用できます。

対応機種:LS-100

動画撮影のスタート、ストップをリモート操作

レリーズケーブル RM-UC1(別売)やスマートフォンアプリ OLYMPUS Image Shareを使って、動画撮影時のスタート・ストップ操作が可能です。

静止画モードと動画モードをワンタッチ切り替え

Fnレバーの機能に、動画モード切り替えを追加。レバーのポジションを動かすだけで、瞬時に動画モードに切り替えることができます。

タッチ静音操作

動画記録中に静音操作タブを引き出して、電動ズーム、絞り値、シャッター速度、露出補正値、ISO感度、ヘッドホンレベル、マイクレベルを操作音を立てずに変更可能です。


OM-D MOVIEを彩る撮影モード

スナップ感覚のショートムービーを楽しめる「クリップス」

複数のショートムービーをつなぎあわせ、エフェクトやBGMを加えて1つのムービーに仕上げることができる機能です。シーン変化が多く、楽しい動画をPCなどの編集機器を使わずに、カメラだけで簡単に作ることができます。

クリップスの作成方法

  • 1. 動画画質モードでクリップスを選択
  • 2. ワンプッシュでショートムービーを撮影
  • 3. マイクリップスに自動保存
  • 4. ムービープレビュー画面からマイクリップス管理を選択
  • 5. 動画の順番変更、削除
  • 6. 効果やBGMを加えて、1つのムービーに書き出し

多彩な映像表現が可能「アートフィルタームービー」

すべてのアートフィルターが動画撮影時も利用可能です。映画のワンシーンのような表現ができるパートカラームービーや、情緒的な雰囲気に仕上がるヴィンテージムービーを楽しめます。

編集なしでさまざまな表現が楽しめるムービーエフェクト

ハイビジョンムービーに効果を付けることができる「ムービーエフェクト」機能を搭載。タッチ操作で多彩な表現が楽しめます。

自然なフェード効果で異なるアートフィルターに切り替わる アートフェード

古いフィルム映画のような味わいが楽しめる オールドフィルム効果

任意の場所を瞬時に拡大 ムービーテレコン

* アートフィルターとは併用できません。

残像で動きを表現 ワンショット/マルチエコー

スローモーション/クイックモーション動画

動画モードのカスタム設定をするだけで、記録フレームレートを再生フレームレートより高くしたスローモーションムービーと、記録フレームレートを再生フレームレートより低くしたクイックモーションムービーの撮影が可能です。

  • 写真はイメージです。
  • モニター画面は、はめ込み合成です。

シェア

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル

フォトパス Facebook