OM-D E-M1X 開発者が語る モータースポーツ認識AF(インテリジェント被写体認識AF)

動画を再生する

米山 尚

メカ制御技術

一瞬のシャッターチャンスをモノにするためにフォーカス(AF)はカメラに任せ、構図などの作品づくりに集中して欲しい。そんな思いでインテリジェント被写体認識AFを開発しました。狙った被写体に正確にフォーカスを合わせ続けるためには、ディープラーニング技術を活用した認識技術、検出した被写体を追尾するトラッキング技術、追尾位置から最適なAF制御を行うAF技術の全てがベストパフォーマンスを発揮する必要があります。E-M1Xでは、認識技術の開発に加え、トラッキング技術とAF技術の設計も刷新しました。

さらに、インテリジェント被写体認識AFを実現するためには、カメラの中で膨大な演算を高速に処理する必要がありました。高速・高精度に被写体を検出する物体認識アルゴリズムを新開発し、高速な画像処理エンジンTruePic VIIIを2基搭載することで、リアルタイムな特定被写体の検出を実現しました。なお、ディープラーニングの学習には、世界中から集めた様々なシチュエーションの画像を数万枚以上利用しており、サーキットなどの背景も合わせて学習しています。そのため、金網越しなどの検出が難しいシーンでも、正確に被写体を捉えることができます。

あるプロ写真家はフォーミュラカーを撮影する場合、常にヘルメットにフォーカスが合い続けていなければならないと言います。それはヘルメットにフォーカスが合っているか否かが、作品全体の印象を大きく左右するためです。モータースポーツ認識AFでは、フォーミュラカーとバイクはヘルメット、ラリーカーはフロントバンパーを車体と同時に検出することで、最適なポイントでフォーカスを合わせ続けることができます。さらに、認識技術、トラッキング技術、AF技術の連携をより強化したことで、向かってくる被写体だけではなく、遠ざかる被写体に対しても追従します。被写体を追尾すればあとはシャッターボタンを押すだけ。ぜひモータースポーツ認識AFを体感してください。

ドライバーのヘルメットにフォーカスが追従

ラリーカーのフロントバンパーにフォーカスが追従

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル