Shop

AFや画質を強化したファームウェアバージョン3.0

最新機能を数多く盛り込んだファームウェアVer.3.0をリリースしました。AFシステムや画質、操作性・拡張性などを強化しています。(アップグレード実施:2019年6月)


AFシステム

C-AFの追従性能が向上

OM-D E-M1Xで一新したAFアルゴリズムを搭載し、さらに高精度なAF追従が可能になりました。激しく動き回る被写体を捉えやすい「C-AF中央優先」と「C-AF中央スタート」にも対応しています。また、像面位相差の情報を積極的に活用することで、動画撮影時のAF性能が向上しました。

S-AFの精度も向上

一新したAFアルゴリズムによって、S-AFの精度も向上。遠近の被写体が混在するシーンでも、背景抜けを防ぎ、正確なピント合わせが行えます。

AFターゲットモードに「グループ25点」を追加

鳥や小動物など動きのある被写体の撮影に有効な「グループ25点」を追加しました。

C-AF+MF

C-AFで撮影中でもフォーカスリングを回すことで即座にMFに切り替えられるようになりました。

  • M.ZUIKO PROシリーズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3が対応

AF低輝度限界-6EV

AF低輝度限界が-6EV[*]に向上。暗いシーンや低コントラストの被写体に対しても、高精度なフォーカシングが可能です。

  • S-AF、ISO感度100、F1.2レンズ装着時

高画質

低感度画像処理(解像優先)

低感度時の画像処理設定に、より高い解像を実現する「解像優先」を追加しました。

  •  デフォルトは「連写優先」になります。「解像優先」を選択すると連写時の最大撮影コマ数が低下します。

高感度時ノイズの改善

ファームウェアVer.2.0と比べて、高感度時に発生するノイズを約1/3段低減しました。

OM-Log

光の条件が変化しやすいシーンにおいて有効なLog撮影に対応。暗部からハイライトまで黒つぶれ、白飛びすることなく撮影し、カラーグレーディングを行うことでより自由度の高い映像表現ができるOM-Logを利用できます。ブラックマジックデザイン社製DaVinci Resolveでグレーディング作業をするためのLUT(Look Up Table)ファイルも公開しています。

  • Natural
  • OM-Log401

LV表示速度優先

星空などの暗い場面で有効なLVブースト[On2]において、フレームレートを遅くせずに見やすい明るさで表示する「LV表示速度優先」を設定できるようになりました。暗い場所でのフレーミングが容易になります。

さらに使いやすくなった深度合成

深度合成の撮影枚数を3~15枚の中から選択できるようになりました。15枚を選べば、より深い被写界深度の写真を生成できます。撮影後にカットされるエリアをガイド線で表示する機能も追加しました。

1. 撮影後にカットされるエリアを分かるガイド線を画面に表示

USB RAW編集

PCとOM-D E-M1 Mark IIをUSB接続することで、画像編集ソフトウェアOlympus Workspace上から、高性能な画像処理エンジンTruePic VIIIを使用して高速なRAW現像が行えるようになりました。PCに保存しているRAW画像と、OM-D E-M1 Mark IIに挿入しているSDカード内のRAW画像をOlympus Workspaceで編集し、高速に現像できます。

  • Olympus Workspace Ver.1.1へのアップデートが必要です。USB接続が必要です。カメラ内で対応可能なRAW画像に限ります。
  • 保存フォーマットはJPEGとなります。
  • USB RAW編集に移行した際は、これまでの編集ウィンドウで設定されていた編集内容は引き継がれません。
  • 2台のカメラを同時に接続してUSB RAW編集をすることはできません。対応機種はOM-D E-M1XとOM-D E-M1 Mark IIとなります。

操作性・その他新機能

カード書き込み中の設定変更や再生表示に対応

SDカードへのデータ書き込み中でも各種設定を変更したり、画像を再生できるように改善しました。

クイック画像選択

動画ボタンを押しながらダイヤルを回すだけで「シェア予約」や「消去」のためのコマ選択が行えます。

フリッカーレス撮影

人工照明下の明滅(フリッカー)周期を検出し、光量ピーク時にシャッターを切るように制御することで、コマ間の露出ムラ・色ムラを抑えます。

  • 光源の点滅周期が100Hzもしくは120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。
  • 連続撮影速度が遅くなることがあります。

 

 

ファームウェアバージョン3.0に対するプロ写真家の声

小城 崇史

ゴール前の激しい争いは最高の見せ場だが、撮影側にとってはフレーミングやシャッターチャンス、そして意図した被写体を捉える上で高い難易度となる場面だ。左手前には味方の選手、そして右手前には立ちはだかる守備側の選手が動く厳しい条件だが、E-M1 Mark II バージョン3.0のC-AFは狙った選手を外すことなく、迫力ある瞬間を見事に切り取ってみせた。

菅原 貴徳

圧倒的な機動性と高速性を誇るE-M1 MarkⅡに、E-M1Xで実現した新機能が搭載されました。C-AF中央優先、グループ25点の追加でより撮影者の意図を反映させたフォーカスが可能に。また、S-AFアルゴリズム向上は、枝先に止まる小鳥の撮影も快適にし、MC-20との相性も良好でした。広がる撮影領域をサポートする、大きな進化を実感しました。

萩原 史郎

撮影した画像に対して解像を優先した処理を行う機能が「低感度画像処理(解像優先)」です。風景写真のように、高感度側より低感度側を使う場合が多く、なおかつ細密な描写を必要とする表現ジャンルに適した機能です。M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのようにもともと解像性能の高いPROレンズとの併用がお勧めです。

Frank T. Smith

プロの写真家として、このようにファームウェアアップデートを提供し続けてくれることはとてもうれしいことです。低感度画像処理の解像優先が加わり、驚くほど鮮明により微細な表現ができるようになりました。

海野 和男

深度合成は合成後に画角が狭くなるので被写体の周辺がけられるのではと、心配しながら撮っていたが、バージョン3.0ではガイド線が表示されるので画面いっぱいに被写体をフレーミングして撮影できる。合成枚数が選択できるので、大きい被写体は合成枚数を少なくしてブレを防ぎ、小さい被写体は合成枚数を多くして隅々までピントの合った写真を撮るなど、用途に合わせて設定できることは大きな進化だ。

山下 大祐

ピントはAFが拾いにくい架線にMFで置きピンした。これまでAF/MF切替はレンズの「MFクラッチ機構」で対応していたが、切替時にピントが大きく動くことや戻し忘れなどが不安要素だった。「C-AF中のMF」が可能になり、より直感的で迅速なAF/MF切替ができるようになった。

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル