充実の基本機能


スマートフォンアプリ OLYMPUS Image Share

スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share(OI.Share)」と連携することにより、スマートフォン側でカメラの設定をしたり、そのまま遠隔でシャッターを切るなど、本格的な撮影が行えます。さらにアートフィルターで写真の加工を楽しむといった高度な操作も可能。また、カメラに内蔵されたWi-Fiを利用して、撮った写真をその場でスマートフォンに転送することもできます。スマートフォンとつながることで、写真の楽しみ方が大きくひろがります。

OLYMPUS Image Share (OI.Share)の詳細はこちら

スマートフォンアプリ OLYMPUS Image Shareの主な特長

ワイヤレスタッチAFシャッター

カメラがとらえているイメージをスマートフォンに表示。画面を見ながらねらった場所にタッチすると被写体にピントが合い、シャッターを切ることができます。家族みんなで集合写真を撮るときにも、セルフタイマー代わりとして役立ちます。

スマートフォンで遠隔操作

シャッタースピード、絞り、露出補正、ISO感度、ホワイトバランスの細かい調整、アートフィルター、さらには連写や電動ズームレンズの操作といった本格的な撮影機能をカメラに触れることなく、スマートフォンの画面で操作し撮影まで行うことができます。

ワイヤレスレリーズモード

カメラで撮影設定を行いながら、レリーズ操作をスマートフォンで行えます。リモートケーブルのように半押し操作によるピント合わせと、全押しによる撮影の使い分けが可能です。

シェア予約機能

スマートフォンに転送したい写真は、撮影後の再生画面に表示されるシェアボタンをタッチして、あらかじめマーキングしておくことが可能。スマートフォンと接続した際に、マークの付いた写真だけをワンタッチで素早く取り込むことができます。

GPSタグを追加

スマートフォンでGPSログを記録し、カメラに転送することでカメラのSDカード内の写真に撮影地の位置情報を追加できます。さらに、付属の画像管理ソフト「OLYMPUS Viewer3」を利用すると、地図上の撮影地に写真をマッピングできます。

  •  Wi-Fi通信は、スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」と通信することが可能です。
  •  Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
  •  Wi-Fi CERTIFIEDロゴはWi-Fi Allianceの認証マークです。

ワイヤレスコマンダー機能に対応 内蔵フラッシュ

OM-D最小のコンパクトボディーにTTL自動調光機能付きフラッシュを内蔵。ガイドナンバーは5.8(ISO100・m) / 8.2(ISO200・m)の光量を確保しています。外部フラッシュ(別売)の発光量を調整できるワイヤレスコマンダー機能に対応しています。


可動式液晶モニター

広色再現性と広コントラスト特性を備えた可動式の液晶タッチパネルモニターを採用。静電容量式で反応の良いタッチパネルに指紋防止コートを施したモニターは、上向きに80度・下向きに50度の範囲で傾けることができるので、人ごみや運動会で活躍するハイアングル撮影、子どもやペットを撮るのに適したローアングル撮影など、自由度の高い撮影が可能です。


星景写真などに有効なライブコンポジット(比較明合成)

通常のバルブ撮影では全体が明るくなりすぎるようなシーンでも、明るく変化した部分のみが合成されるライブコンポジットを使えば、全体が明るすぎることなく、明るい建物を背景として星の日周運動や花火、蛍の飛翔などの切れ目のない美しい光跡を表現できます。ライブバルブと同じように、仕上がりをモニターで確認しながらじっくりと撮影できます。さらにフラッシュ撮影を併用し一瞬と時間の流れが共存した写真表現したり、ペンライトを使って光文字を書いて楽しむこともできます。最長3時間までの撮影も可能です。

  • 撮影時間 3秒
  • 撮影時間 1分(20枚撮影・合成)
  • 撮影時間 60分(1200枚撮影・合成)

ライブバルブ/ライブタイム

設定した間隔で露光中の画像を更新表示する機能です。レリーズボタンを押している間シャッターが開く「ライブバルブ」と、レリーズボタンを1度押すとシャッターが開き、2度目で閉じる「ライブタイム」の2つから選択できます。ライブバルブ中は「露出経過時間」と「ヒストグラム」が表示されます。また、バルブ/タイム撮影モードに設定すると、自動的にバックライトを減光し、眩しさと消費電力を低減します。

  • (1)表示更新可能回数(2)露光時間
  • INFOボタンON/OFFでヒストグラムの表示/非表示が可能

大切な思い出を動画で記録 フルハイビジョンムービー

フルハイビジョン(1920×1080)の動画撮影機能を搭載。一眼カメラならではの高品質レンズで、表現力あふれた動画を撮影できます。音声は高音質なステレオリニアPCM方式を採用しています。


動画撮影が途切れることなく高画質な静止画撮影
「フォトインムービー」

動画撮影中の静止画撮影機能であるフォトインムービーを搭載。モード1では動画がとぎれることなくMサイズ(3200×1800)の静止画*を撮影でき、モード2では動画撮影を一旦停止し通常の静止画を撮影します。モード1の際にP/A/S/Mで連写設定しておけば、約5コマ/秒の連写も可能。シャッター音もしないので、動画撮影しながら決定的瞬間の静止画を撮影することができます。

  • フルHD、HDのMOV以外ではモード2になります。
  • 画質は超解像技術を使ったMサイズ(3200×1800)、アスペクト比16:9に固定されます。

被写体の動きも自動判別する進化した究極のiAUTO

被写体にあわせてカメラが42種類(動画撮影時36種類)の撮影シーンを判別し、自動的に最適な写真に仕上げるインテリジェントな撮影モードiAUTO。「ポートレート×逆光&鮮やか」、「スポットライト」など撮影の難しい特殊シーンもしっかりと判別し適切な明るさで撮影します。またシーン判定だけではなく、撮影直前に被写体の動きも検出し、瞬時にISO感度とシャッタースピードを調整するので、暗いところでの被写体ぶれを軽減します。さらにiAUTOの仕上がりのi-Finishが画像から主要被写体を識別するので、人肌の柔らかい雰囲気はそのままに、空の青さや花などを鮮やかすることで撮影時の感動をよみがえらせます。


写真表現の世界を広げる12種類のアートフィルター

写真表現の世界を広げるアートフィルター。12種の「アートフィルター」と、アートフィルターの魅力を高める6種類の「アートエフェクト」を搭載しました。表現の可能性は無限に広がります。

  • アートフィルターおよびART FILTERはオリンパスイメージング(株)の商標または登録商標です。

アートフィルターの魅力を高める アートエフェクト

アートフィルターの魅力をいっそう高める「アートエフェクト」。撮影者が意図したイメージをより際立たせ、撮影者の想像を超えたクリエイティブな表現を、手軽に楽しむことができます。


写真表現のあたらしいカタチ フォトストーリー

何気ない写真たちが寄り添うことで、ひとつのストーリーを語り始める。そんな新しい写真表現のかたちを、フォトストーリーが叶えます。背面モニターにタッチするだけの操作で、構図や色にアクセントをつけながら、複数の写真を組み合わせてひとつのアート作品に仕上げます。


その他の多彩な撮影機能

2つのHDR撮影モードとHDR-BKT

1度のレリーズで露出を変えながら4枚の撮影を行いカメラ内でHDR合成し、HDR写真を生成します。自然な風合いのHDR写真のHDR1と、絵画のようなアート性の強いHDR2の2種類のHDR撮影モードを利用できます。また、パソコンで専用HDR撮影ソフトを使う目的の為のHDRブラケット機能も従来どおり利用できます。

  •  HDR撮影モードではISO200に固定されます。
  • HDR1: 自然な風合いの写真に生成される
  • HDR2: 絵画の様な、アート性の強い写真に生成される

手持ち夜景撮影モード

三脚を使わなくても、手持ちで夜景を撮影できます。1回のレリーズで同じ露出の画像を8枚連続撮影し、自動で合成することにより手ぶれを抑えたノイズの少ない1枚に仕上げます。

インターバル撮影&タイムラプス動画

花の開花、人の流れ、星の動きなどが定点観測できる、インターバル撮影機能を搭載。撮影枚数と間隔(1秒~24時間)を設定すると、自動で連続撮影を行います。さらに、撮影した画像から最大100秒(999枚撮影時)のタイムラプス動画を自動で生成*。コマ撮りのような動画で、連続写真を楽しむことができます。

  • Motion JPEG限定(10fps)で記録できます。
  •  写真はイメージです。
  •  モニター画面は、はめ込み合成です。

シェア

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル

フォトパス Facebook