Shop

電子納品に強い!


新基準に準拠した電子納品データの入出力[1]に対応[Pro版]

「国土交通省 工事完成図書の電子納品等要領 平成28年3月」、「国土交通省 土木設計業務等の電子納品要領 平成28年3月」、「国土交通省 デジタル写真管理情報基準 平成28年3月」や、「NEXCO 工事記録写真等撮影要領(工事編) 平成28年7月」など、幅広い最新の要領/基準に対応しました。 ガイドを利用しながら操作を行うので詳細な設定値やXMLの知識を有していなくても、各種要領/基準に準拠した電子納品データの出力が可能です。

幅広い電子納品データの入出力に対応

各官公庁の最新要領やNEXCO、首都高速道路の基準など各基準に準拠した電子納品データ形式の入出力に対応。さらに、国土交通省・農林水産省「工事完成図書の電子納品要領」の納品規定に準拠した書類や図面など、「工事写真」以外の完成図書(成果品)にも対応し、より幅広い電子納品データ形式での納品が可能です。

  • 工事写真以外の電子納品成果品の作成「農林水産省 工事完成図書の電子納品要領(案)H23.3/H17.4」に対応。(地質・土質調査成果電子納品要領(案)は除く)

質問に答えていけば電子納品データが完成!

要領/基準に詳しくなくても大丈夫。ガイドがご案内します。


信憑性の確認も一目でわかる「オリジナル画像判定機能」

電子納品に限らず、写真を管理していく上で、写真がオリジナルであること(修正が加えられていないこと)が重要です。蔵衛門御用達17では、一般財団法人日本建設総合情報センターが主体となり進めている信憑性確認(改ざん検知)機能を搭載し、画像編集・加工の有無を判定することが可能です。


電子納品データエラーチェックなどチェック機能が充実[Pro版][1]

電子納品には、環境依存文字の使用不可、要領/基準に定められたとおりのデータ作成が必要などさまざまなルールが存在します。環境依存文字が入力された際、意識することなく代替文字へ置き換える機能や、電子納品データ出力前にエラーチェックリストを出力する機能をご用意しました。

工事写真情報エラー表示機能

エラー表示機能は工事写真情報に入力漏れ等がある場合、アルバムの文章表示欄に確認を促すマークの表示を行う機能です。本機能を使うと、アルバム上で工事写真情報の簡易チェックが行われ、電子納品を行う前に確認を行うことができるので、工事写真をまとめる作業がスムーズになります。


テクリス/コリンズからのデータ取り込みに対応

テクリス/コリンズの新フォーマット(XML形式)データの取り込みに対応し、電子納品に必要な工事情報などの入力の手間を省くことができます。


電子納品データのチェックに便利!「電子納品イメージ参照機能」[Pro版][1]

電子納品イメージ作成のオプションとして、スタイルシート(XSL)を出力することができるので、特別なソフトを利用することなく、電子納品データのチェック、発注者への説明などに活用することができます。

  • スタイルシートは、国土交通省と農林水産省の電子納品要領・基準で添付が認められており、電子納品イメージ(XML)と一緒に出力することができます。
  • 1 電子納品データ入出力が必要な場合は、蔵衛門御用達17 Professionalをご利用ください。
  • 2 RSA及びBSAFEは米国EMCコーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 写真はイメージです。
  • 画面は、はめ込み合成です。

シェア

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル

フォトパス Facebook