蔵衛門御用達14

※記載されている情報は発表当時のものですので、情報が古かったり、リンクが切れている場合がございますが、ご了承ください。

写真管理・作業を効率化

写真整理を楽にする「写真振り分け機能」

工事現場用カメラ(※1)で撮った写真を、簡単にWindowsフォルダに振り分ける機能を搭載。写真整理作業の軽減を図ります。工種や場所などお好みの振り分け条件の設定が可能です。
また、階層情報をメモ(テキスト形式)で出力する機能を追加し、写真を蔵衛門御用達のアルバムに取り込む際にメモの自動登録を行う事が出来る様になりました。

振り分け情報を作成→SDカードにセット

カメラで振り分け情報を設定→撮影する

写真を読み込む

階層毎にフォルダへ振り分ける

「写真振り分け機能」の流れ

1.まず、SDカードをパソコンにセット。蔵衛門御用達14を起動し「工一郎連携」から「写真振り分け情報作成(STYLUS TG-3 工一郎またはTG-1 工一郎、TG-810 工一郎)」を選びます。

本棚のファイルがないところで右クリックを押す

本棚の操作画面が出てくるので、工一郎連携メニューをクリック

STYLUS TG-3 工一郎またはTG-1 工一郎、TG-810 工一郎を選択すると、写真振り分け情報作成画面が立ち上がる

2.「写真振り分け情報作成」画面で、振り分け情報を設定してSDカードに保存します。「STYLUS TG-3 工一郎、TG-1 工一郎」の振り分け連携は4階層、「TG-810 工一郎」の振り分け連携は2階層までとなります。

工種や現場名などお好みで設定したい時は、「追加」を選択の上、設定

または、登録済みの工事からコピーする場合は、「写真整理情報から選択して追加」を選択の上、設定

「SDカードへ振り分け情報を保存」を選択

3.SDカードを工事現場用カメラ(※1)にセット。撮影する前に振り分けフォルダを指定します。

「MENU」ボタンを押し、「写真振り分け」を選択

[1] を選択して、振り分け情報から1階層目のフォルダを選択

同様に2階層目以降のフォルダを選択し、写真撮影

4.撮影後、SDカードをパソコンにセット。蔵衛門御用達14の「写真をフォルダに振り分け」を選択し画面の指示に従うだけで、写真がパソコン内の指定した階層のフォルダに自動振り分けされます。

「写真をフォルダに振り分け」画面。振り分け先フォルダを選択し「振り分け開始」をクリック

指定したフォルダに自動振り分けされる

工事現場用カメラ「STYLUS TG-3 工一郎」との強力な連携

「STYLUS TG-3 工一郎」は、工事写真をスマートに撮影する機能がつまった工事現場用カメラ。防水・防塵・耐衝撃などの工事現場に必要なタフ性能をポケットサイズのボディーに凝縮しました。
「蔵衛門御用達14」を使えば、「STYLUS TG-3 工一郎」で撮った写真を簡単に振り分けることができ、写真整理が楽になります。

ソフトが入っていなくても閲覧できる「ビューワ出力機能(※2)

作成した工事写真台帳をCD-Rなどに書き込んで持ち運び可能なビューワ出力機能を搭載。蔵衛門御用達の入っていないパソコンでも工事写真台帳が閲覧できます。また、民間工事や多業種での電子媒体による納品にも利用することができます。
Professional版をお使いの場合は、複数の本棚から台帳を選択して出力する事も可能です。

作業の進捗状況の確認に役立つ「登録状況確認機能」

台帳に登録されている写真の撮影年月日と工期をキーに、月毎/アルバム毎に写真の枚数を集計し、結果を一覧表(Excel形式)に出力することができます。
撮影計画、工程表と照らし合わせ、実際の作業進捗状況の確認、写真の取り込み漏れなどを管理するための資料としてご活用いただけます。

撮影計画に使える!「写真情報予約フレーム機能」

写真の撮り忘れがないように、事前に台帳を作成し、あらかじめ工事情報を登録することにより、工程にあわせた撮影計画をサポートします。撮影後は、デジタルカメラのマークへ写真をドラッグ&ドロップするだけで、簡単に工事情報と写真を紐つけることができるので、撮影後の写真の仕分け作業を効率よく行うことができます。

重複画像のチェックなど多才な「画像検索機能」

同一画像検索など検索方法は多種多様。同一画像の検索や要領・基準に準拠しない画像の検索など、状況に合わせて使い分けができるので作業効率アップにつながります。

複数ライセンスの活用で1つの工事を複数のパソコンで管理/JV間などでデータを共有し管理が行えるデータ共有機能(Pro版)(※3)

複数ライセンス(1ライセンス版を複数お持ちの場合、5ライセンス版、10ライセンス版)を活用することにより、1つの工事(本棚)を複数のパソコンで管理することが可能。
建設工事共同企業体(JV)間で本棚を共有することにより、情報の共有化が進み、データの受け渡しの煩雑さから解放され作業効率が格段に向上します。

共有時に便利!

ネットワーク上の共有フォルダをネットワークドライブとして割り当てすることなく本棚の保存が可能です。
また、複数のパソコンからアクセスする場合、他のパソコンからの接続状況や残りの接続可能台数も表示されるので大変便利です。

旧バージョンの蔵衛門御用達シリーズのデータ取り込みが可能

蔵衛門御用達14 Standardで入力したデータや、蔵衛門御用達シリーズのデータをそのまま、「蔵衛門御用達14 Professional」に取り込んで電子納品データの入出力ができるので、電子データを無駄なく有効活用しシームレスな作業環境を実現します。

  • ※1 「写真振り分け機能」対応の工事現場用カメラはSTYLUS TG-3 工一郎、TG-1 工一郎、TG-810 工一郎(オリンパス オンラインショップ等限定商品)です。(2014年6月現在)
  • ※2 ビューワ出力時の複数本棚(工事)指定はProfessional版に限ります。
  • ※3 共有機能は、Professional版のみ対応。また、複数ライセンス及び同一バージョン利用時に限ります。本棚の共有を行う場合、Windows以外の共有接続(LANに直接接続可能なディスク装置などの利用も含む)は動作保証致しかねます。ご利用の環境によって、共有設定が異なります。Windowsの設定についてはお客様にて対応をお願いします。
  • 写真はイメージです。
  • 画面は、はめ込み合成です。