OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 後藤 桂子 写真展 「オーストラリアの田舎町」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

後藤 桂子 写真展
「オーストラリアの田舎町」


(c) 後藤 桂子

誰でもそうだと思うのだが、学生時代の親友とずっと付き合っていると、あの頃同じスタンスで生きていたのに、今では全然違う価値観で全く違う人生を送っている友がいる。これがすごく面白く、自分が友の事をあまり深く理解していなかった事が、よくわかった。学生の頃は、気があって一緒に行動できればよかっただけである。写真をとおして、今の彼女の生活環境にどっぷり浸かり、少しでももっと理解を深めたいと思う。
彼女は、私が初めて親にオーストラリアへ連れて行かれた時の高校時代の親友で、大学も一緒だったが、今は農場夫の奥さんになって、オーストラリアの田舎の人口2000人にも満たない町に住んでいる。2012年12月、南半球の真夏の摂氏42度の中、1055km運転して暫くぶりに会いに行った。
オーストラリアの田舎での農場経営は、都会の私達の仕事と似ているようで又違う。雨量の有る無し又タイミングで収入が激変する。無駄を省く事では同じだが、省くものが違う。都会人は、出費だが、農夫はただ食いの生き物だ。子供を育てる環境や価値観も違う。
何度か彼女のところへ撮影に行っているが、まだまだ彼女の全は分かっていない。彼女いわく『本当の私がわかったら、驚くかも』だそうである。
この写真展開催にあたり、ご指導ご協力いただきました方々に深く感謝申し上げます。

出展作品数:バライタモノクロ 約35点

期間
東京:2015年7月24日(金)~7月29日(水)
時間
午前11:00~午後7:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
木曜

【作者略歴】

後藤 桂子(ゴトウ ケイコ)1970年親の海外赴任について、オーストラリアへ行く。
オーストラリア国立大学(ANU)人文学部卒業。
オーストラリア シェル石油株式会社 情報システム部で13年間働く。
1938年製の古いカメラを父から譲り受け、2002年からは写真、暗室技術を学ぶ。2006年から、写真家、北井一夫氏に学び、今もアドバイスを頂いている。2007年-2010年はサハリンで、2011年からは、オーストラリアで写真を撮り続けている。

<写真展>
2002年 グループ展“Zooming In 3”アメリカンクラブで出展
2006年 2007年 Art Space Motorにて、グループ展3回出展(Globe in Chicago, Cafe, Life on Charles Bridge-Czechoslovakia)
2010年 ロシア、サハリン2展 「Sakhalin」「Life in a Jungle、カンボジア」
2011年 オリンパスプラザ東京 「サハリンの四季」
2013年 オーストラリア、ブリスベン 「Grenfell」
2013年 オリンパスプラザ東京 「ノグリキ、サハリンのシリーズ第2編」
2014年 コールピットギャラリーいわき 「サハリンの四季」
2014年 オーストラリア、シドニー10x8ギャラリー 「サハリンの四季」
2014年 オーストラリア、シドニー10x8ギャラリー グループ展 「Launch of December at 10x8」
2015年 オリンパスプラザ東京 「オーストラリアの田舎町」
2015年 オーストラリア、メルボルン、ギャラリーカラーファクトリー 「サハリン」(予定)
後藤 桂子ホームページ:www.keikogotophotography.com