OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 伊勢谷 浩一 写真展 「未来へ繋ぐ・東北復興の記録」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

伊勢谷 浩一 写真展
「未来へ繋ぐ・東北復興の記録」


(c) 伊勢谷 浩一

中越地震の時はカメラマンのアシスタントだった。いつか同じような災害が起きた時には写真家として撮りに行くことを自分に誓っていた。そして2011年3月、東日本大震災が起きる。東京で足下が常に揺れるなか、自分の決意も揺らぐ。行かなければと思いながら時間が経ち、1年が経とうとする手前でようやく被災地に入った。
仙台の南、山元町から入って岩手の宮古まで車中で寝泊まりしながら走る。しかし、現状を知りたいという目線に映る風景は衝撃が大きく、被災した風景を切り取ることしかできなかった。
ただ一度、人の写真を撮った。南三陸町志津川。逆光の夕日が射すオレンジ色の光景のなか、向かい側からおばあさんがふたり歩いて来た。写真を撮らせてもらうと、彼女たちの住む仮設住宅を案内してくれた。仮設ではめっきり来なくなった東京からの来訪者に沸き、他のおばあさんたちも集まって来た。「撮って」と言われるままに撮影会が始まる。仮設によって生まれたコミュニティーを残して欲しかったのだと思う。
冷たい被災地の中での心温まる風景だった。
あれから季節ごとに何度も被災地を訪れたが、見えてきたのは悲惨な光景にしばらく佇んだ後に残る美しい残像の数々だった。大きな傷跡を残しながら再生と復興に向かうとき、そこに際立つ輝きがある。空に舞う大漁旗、水面に咲く灯籠の灯り、神輿に宿る乱反射。追悼・苦難・日常・エネルギー、全てが凝縮された空間の中で美しさを持って迫ってくるものを写真に収めた。

出展作品数:カラー 約30点

期間
東京:2014年9月4日(木)~9月10日(水)
大阪:2014年9月26日(金)~10月2日(木)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

伊勢谷 浩一(いせや こういち)
1980年東京都生まれ。2002年、日本写真芸術専門学校卒業。2003年、写真事務所を退社後、アジアや日本の離島を放浪。異なる環境で暮らす人々との出会い、別れを通して人と人との繋がりの大切さを学ぶ。2004年、闇に潜む光と影を淡いコントラストで撮影した「The Naked Darkness」(キヤノンギャラリー)でデビュー。以後、旅で出逢ったやさしい風景をテーマに、様々なフィールドで撮影された作品を発表。現在は自然に寄り添った生活をしながら、その中で受けた感動や思いを写真や文章を通して伝える活動をしている。
ホームページ http://ise-photo.com

2011 『Blue Planet』(fetiche・大阪)
2011 『Nostalgic Island ~島の自然が教えてくれたこと~』(キヤノンギャラリー銀座・梅田)
2010 『Island Time Okinawa Trois』(fetiche・大阪)
2009 『本日、離島日和』(オリンパスフォトサロン大阪)
2009 『White Sands』(オリンパスフォトギャラリー東京・大阪)
2009 『Island Time Okinawa Due』(fetiche・大阪)
2008 『Island Time Okinawa』(fetiche・大阪)
2004 『The Naked Darkness』(キヤノンギャラリー銀座・梅田・名古屋・仙台)