OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 米戸 忠史 写真展「モノクロームの旅」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

米戸 忠史 写真展「モノクロームの旅」


(c) 米戸 忠史

旅のつれづれに写真を撮っています。特にめずらしい場所や光景をさがしているわけではありません。自分自身がいいなと思った街角で、その場で感じる風や匂い、空気感を写せたらと思っています。
それらはけっして絶景ではなく、決定的瞬間でもありません。あえて言えば一期一会を大切にしてきました。
そして私の写真はモノクローム。色は私にとっては不必要な要素です。全てを抽象化してくれるモノクロームこそ私のイメージを具現化してくれるものです。
私は写真の構図といったものには、あまり興味がありません。真四角な画面が好きなので、目の前にある風景を真四角のフレームで切り取るだけです。
写っているものを説明する写真を撮ってはいませんし、そうしようとも思いません。私はその場で自分が感じたものを捉えたいと思っています。
ここに写っている旅そのものは、私にとっては日常ではありません。だからこそ感じるものがあるのです。日本とは違う風景は私をわくわくさせます。街角の落書き、建物のたたずまい、窓からの風景、空、道路標識にさえカメラを向けます。
非日常に対する好奇心は自らの感覚を研ぎ澄まさせ、日常では感じることの出来ないものを感じることが出来るのです。
これからも旅を続け、写真を撮りたいと思います。ファインダーを覗けば世界はモノクローム。

期間
東京:2013年8月29日(木)~ 9月4日(水)
大阪:2013年9月12日(木)~ 9月25日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

米戸 忠史(よねと ただし)
1950年
大阪に生まれる。
1960年
初めてフジペットにて写真を撮る。
30代前半、約三年間光芸クラブにて写真家岩宮武二史の指導を受ける。
2001年
須田一政塾大阪一期に参加。写真家須田一政氏の指導を受ける。
2001年
写真展「COOL」開催(GALLERY NADAL OSAKA)。
2003年
写真展「SCENE」開催(GALLERY NADAL OSAKA)。
2008年
写真展「モノクロームの旅」開催(オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース)。
2010年
写真展「モノクロームの旅2」開催(オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース)。
2011年
写真展「銀色の刻」開催(Photo Gallery 壹燈舎)。
2012年
写真展「モノクロームの旅3」開催(オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース)。

その他グループ展等多数参加。