OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 角田 浩 写真展「大峰 深山幽谷の世界」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

角田 浩 写真展「大峰 深山幽谷の世界」

いまから18年前、秋晴れの空の下、南北に横たわる長大な稜線を大台ヶ原の大蛇嵓から眺めたことが、大峰を意識するきっかけとなりました。それ以来、無雪期の登山から冬山へと進み、沢登りの世界にも魅せられ、やがて険谷へと足を踏み入れるようになりました。そうした大峰通いの初めから、カメラは常に私のパートナーであり、この山域のもつ良さを写真で表現したいと思うようになりました。しかし、実際に取り組んでみると、地味な山容の山が多く、2000mに満たない標高のため劇的な自然条件には恵まれにくく、作品とよべるものはなかなか撮れませんでした。しかし通い続ける内に、この山域に合った被写体や、撮影に適した場所や時間帯が分かるようになり、納得のいく写真も少しずつ撮れるようになりました。副題とした深山幽谷は、勿論大峰だけにあてはまるものではありませんが、大峰もまた、日本の山の特色である四季の表情豊かな深山幽谷であることに間違いはありません。もとより刻一刻と生成する自然の営みを、あまねくとらえることは不可能であり、人はその中のほんのわずかな出会いに一喜一憂するしかありません。しかし、私の心を震わせた山河の光景を通して、ご高覧いただいた方々に大峰の良さを少しでも伝えることができるとすれば、私にとって喜び以外のなにものでもありません。

出展作品数:カラー 約 32点


(c) 角田 浩

期間
2013 年7月25日(木)~7月31日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

角田 浩(かくだ ひろし)
1960年生
 
1993年
テント泊登山を始める。
1995年
山岳写真同人「志高」に入会し、山岳写真の基本を学ぶ(~ 2005年)。
2002年
「泉州山岳会」に入会し、登山を基礎から学び直す。
2012年
個展「大峰 深山幽谷の世界」(オリンパスギャラリー大阪)。

現在、大峰と北アルプス剱岳をフィールドとして、撮影活動を続けている。