OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 後藤 桂子 写真展 「ノグリキ(サハリンのシリーズ第2編)」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

後藤 桂子 写真展 「ノグリキ(サハリンのシリーズ第2編)」

ノグリキは、ユジノサハリンスクから 613Km北にある町だ。一昔は、遠く寂れた町であったが、サハリンⅠとサハリンⅡの天然ガスプロジェクトで、活性化した町でもある。
数年前に、海外の石油会社が共同で、ノグリキに飛行場を作ってからは、会社の人達は、ユジノサハリンスクからは、飛行機で行く。でも、それまでは、13時間半かけて、夜行寝台車のサハリン急行で行っていた。土地の人にとっては、今でもこのサハリン急行か自分の車で行くかが、旅行手段である。
私は、このサハリン急行でノグリキへ行く事が、一つの夢であった。
2010年6月11日、私は、Irina(通訳)とJena(Irinaのボーイフレンド)と一緒にこの寝台急行「サハリン号」に乗り、ノグリキまで行く事が出来た。そこで、Jenaのお友達のAlexiが70Km先の彼の住んでいるヴァル、ノグリキの町、先住民のニブヒ民族が昔のままの生活をしている集落、今回の私たちの宿泊地で昔からある温泉保養地ゴリャツイエ、魚釣り、ダーチャなどへ連れて行ってくれた。
彼らとは、旅行中、ノグリキの自然に一緒に感動しまた苦労し、そこに住んでいる人がこの苛酷な環境でどうやって賢く生きているか、そこに住んでいる人の経験談、ロシアにもある建前と本音、彼らの生い立ち、など色々な話が聞けた。また、若い彼らと一緒に旅行できたのも、新鮮であった。夫の赴任の為、東京とサハリンを何度も往復している私だが、今回の旅をした事で、「ロシア流」と言うか、「サハリン流」と言うか、もっと彼らの気質に深く触れる事ができたと思う。
この写真展開催にあたり、ご指導ご協力頂きました方々に深く感謝申し上げます。

出展作品数:モノクロ 約28点


(c) 後藤 桂子

期間
2013年6月 27日(木)~7月 3日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

後藤 桂子(ゴトウ ケイコ)

1970年大阪万博見学後、父親の赴任地オーストラリアへ連れられてから、もう人生の半分位は海外で生活することになってしまった。その父から、1938年製の古いカメラを譲り受け、白黒写真だけを撮り続けている。1990年帰国し、2002年から写真、暗室技術、を学ぶ。2006年から、写真家、北井一夫氏に学び、今もアドバイスを頂いている。2007年~2010年は、主人の赴任地サハリンで、2011年からは、新しい赴任地オーストラリアで写真を撮り続けている。

<写真展>
2002年
グループ展"Zooming In 3"アメリカンクラブで出展。
2006年・2007年
Art Space Motorにて、グループ展 3回出展。
(Globe in Chicago, Cafe, Life on CharlesBridge-Czechoslovakia)
2010年
ロシア、サハリン 「Life in aJungle、カンボジア」
2011年
オリンパスギャラリー東京 「サハリンの四季」
2013年
オーストラリア、ブリスベン 「Grenfell」(予定)