OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 鈴木 あやの 写真展「イルカの暮らす島」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

鈴木 あやの 写真展 「イルカの暮らす島」

東京から南へ約 200km、太平洋上にぽっかりと佇む小さな島、東京都御蔵島(みくらしま)。この島の周りには 100頭以上もの野生のミナミハンドウイルカが生息し、イルカ達の生活を間近で観察し、共に泳ぐことができます。
作者(鈴木あやの)は、写真家、水中モデル、ドルフィンスイマーとして活動しており、御蔵島に年10回以上通い、野生のイルカと泳ぎ、素潜りで水中撮影をしています。
御蔵島は断崖絶壁に囲まれ、風が吹き海が荒れるとすぐに船が欠航し、上陸することすら難しい島です。それゆえ、守られてきた大自然があります。黒潮による温かい空気が生む豊富な雨とオオミズナギドリの糞が育んだ豊かな森には巨樹が生い茂り、肥沃な土壌は滝とともに海に流れ込みます。
森、水、海、素晴らしき循環系の中、なかなか人の近付くことのできない島だからこそ、野生のイルカも住み着いているのかもしれません。
御蔵島では 20年ほど前からイルカの個体識別調査が行われ、体の傷やヒレの欠けなどの特徴から名前がつけられています。御蔵島に通う度に同じイルカに出会うこともでき、その成長の過程を垣間見ることができます。イルカ達の生態行動はとても興味深く、毎回新たな発見と出会いがあります。
今回の写真展で、厳しくも美しい御蔵島の大自然とイルカ達の野生の姿を感じて頂けたらと思います。(一部、私自身がイルカと泳いでいる作品も展示します)

出展作品数:カラー 約50点、映像


(c) 鈴木 あやの

ご好評のうちに終了いたしました。
鈴木あやのギャラリートーク開催
会場:オリンパスギャラリー東京
日時:2月 9日(土)  ・13:00~13:30 ・15:00~15:30
会場:オリンパスギャラリー大阪
日時:2月23日(土)  ・13:00~13:30 ・15:00~15:30
参加費:無料
期間
東京:2013年2月7日(木)~2月13日(水)
大阪:2013年2月21日(木)~2月27日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

鈴木 あやの (すずき あやの)
写真家、水中モデル、ドルフィンスイマー

1979年
東京生まれ
2001年
東京大学農学部卒業
2003年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 修士課程修了
2007年
企業での研究職・商品開発職を経て、小笠原にて野生のイルカに出会う
2009年
五反田映像祭グランプリ受賞「小笠原の大自然と皆既日食」
2010年
「イルカの瞳に魅せられて」個展
2012年
「野生のイルカと共に」個展

2012年・2013年度 世界自然遺産小笠原諸島カレンダー出版
現在 テレビ出演やCM、ラジオ、フォトセミナー講師、記事執筆、映像制作など活動中
URL http://ayanoo.com