OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 3人の365日 昆虫・海の生き物・野鳥 海野 和男・小林 安雅・叶内 拓哉

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

3人の365日 昆虫・海の生き物・野鳥
海野 和男・小林 安雅・叶内 拓哉

私たち 3人は生き物だけを撮ってきた写真家です。海野が昆虫、小林が海の生物、叶内が野鳥を 40年近く撮り続けている写真家です。このたび、誠文堂新光社から「365日出会う大自然」昆虫、海の生物、野鳥という 3部作の本を出版しました。古くからの友人である 3人は、生き物の面白さを伝えたいという共通認識を持っています。生き物と毎日接することから、自然環境と生き物との関係に、一喜一憂する毎日を送っています。
久し振りに同じ土俵で出版したので、3人展をやりたいねという話になり、このたびオリンパスギャラリー東京、大阪で「3人の 365日」という写真展を開催することにしました。海野が昆虫、小林が海の生物、叶内が野鳥という今回の本の中から選んだ写真と、新たに現在 3人が取り組んでいる撮りたての写真で構成した約 50枚の写真を展示する予定です。日本の生き物に対する理解が深まれば私たちも私たちの被写体の生き物たちも幸せです。是非ご高覧頂きたいと思います。


(c) 海野 和男

小林 安雅・叶内 拓哉 ギャラリートーク 開催
日程:10月27日(土) 14:00~15:00
会場:オリンパスギャラリー東京
参加費:無料 先着30名/要予約
お申し込み・お問い合せ:TEL 03-3292-1934
※定員に達し次第締め切ります。
海野和男ギャラリートーク 開催
日程:11月21日(水) 19:00~20:00
会場:オリンパスギャラリー大阪
参加費:無料 先着30名/要予約
お申し込み・お問い合せ:TEL 03-3292-1934
※定員に達し次第締め切ります。
期間
東京:2012年10月25日(木)~10月31日(水)
大阪:2012年11月22日(木)~12月5日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日


(c) 海野 和男


(c) 小林 安雅

(c) 小林 安雅

(c) 叶内 拓哉

(c) 叶内 拓哉

【作者略歴】

海野 和男(うんの かずお)
1947年東京生まれ。
東京農工大学卒業以来、昆虫写真を撮り続ける。
アジアやアメリカの熱帯雨林地域で昆虫の擬態を長年撮影。
写真集「昆虫の擬態」で 1994年日本写真協会賞受賞。
1990年から長野県小諸市にアトリエを構え身近な自然を記録する。
1999年 2月よりデジタルカメラで撮影した写真にコメントを付けて毎日更新する小諸日記をはじめる。
日本自然科学写真協会会長。
ホームページ『海野和男のデジタル昆虫記』 http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/

叶内 拓哉(かのうち たくや)
1946年東京都三鷹市に生まれる。
幼いころから自然が好きで、特に野鳥好きは家族にあきれられるほどだった。
1968年東京農業大学農学部農学科卒業。卒業後 9年間造園業に従事。機械類は大の苦手だが、野鳥識別のためにカメラを入手し、大学卒業間もなくから野鳥の撮影を始め、仕事の合間をぬっては全国各地へ野鳥撮影の旅をするようになる。その後フリーの野鳥写真家となる。財団法人 日本野鳥の会会員、調布自然の会会長。成人学校、カルチャースクール、自治体主催の自然観察会などで、バードウォッチングや野鳥写真の撮り方などを指導する機会が多い。
東京都調布市在住で、自然好きの市民らの「自然を知り、楽しむことが、結果的には自然保護につながる」という声から発足した「調布自然の会」(1985年発足、会員数 2006年 1月現在 120人ほど)の代表として、年数回の自然観察会を開いている。

小林 安雅 (こばやし やすまさ)
1956年東京都に生まれる。
法政大学社会学部社会学科在学中、同大学アクアダイビングクラブに所属し、ダイビングと水中写真をはじめる。そして在学中から伊豆海洋公園ダイビングセンターに通い益田一氏に師事する。卒業後、日本水中映像株式会社にて、テレビ、映画などの撮影に従事。 その後、株式会社益田海洋プロダクション映像部にて、ビデオ・出版物の制作を担当する。1989年よりフリーの写真家となる。「海の生き物の生態」をメインテーマに、スチール写真やビデオにより海洋生物の撮影に専念する。現在、東京都港区在住。伊豆高原の撮影スタジオを中心に、伊豆半島の東海岸を主なフィールドとして活動している。