OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 庄 治政 写真展 「DEN-EN 痕跡考」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 大阪

庄 治政 写真展 「DEN-EN 痕跡考」

田園地帯とその集落で目に付いた「痕跡」を撮影。ここで言う「痕跡」とは人が生活をしていた印としての「痕跡」のことである。「痕跡」を収集して私たちの日常がどのように維持されてきたか、あるいは維持されているかを見ようとした。別の見方をすれば環境問題なのであるが、作者としては現在問題視されている環境の悪化を告発するつもりはない。というのは環境の切実な問題とするには、収集した写真からでは伝わってこないからである。そのことを承知であえて作品化を試みたのは、「痕跡」が実は偶然にもアートとして着眼できるように思ったからである。しかも特別な地域などではなく、作者の身近な日常の中で生じているところに存在価値がある。
みずみずしいグリーンの田園の風景は日本のどこでも目にすることの出来る素晴らしいものであるし、季節によってその色彩は別の色に変化していく。自然が与えてくれている豊かなアートであると思う。今回はそのグリーンをキャンバスに様々な人の手で置いてきた「痕跡」を見ていった。「痕跡」とは言えないものまで含まれているが現在の農村の状況までを捉えながら朽ち果てたモノや、いずれ厄介になるであろう墓石や、新しく塗り替えられた朱色の鳥居といったものなどである。それらの情景は自然への渇望と思われる気持ちが重なる。
もちろん、農村が社会的に様々な問題を抱えていることを考えれば、アートなど言ってはおれないかもしれない。それは経済や政治などの課題として解決されるものである。もっともアートだけが特別であるはずがないと思う。起きている事象を見据える素養の眼こそ今もっとも必要としている。わずかでも問題の提起となれば幸いである。

出展作品数:カラー 約40点


(c)庄 治政

期間
大阪:2012年4月5日(木)~4月11日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

庄 治政(ショウ ハルマサ)
1943年 兵庫県に生まれる。
2009年 京都造形芸術大学芸術学通信教育部美術科写真コース卒業
個展:
2009年 庄 治政写真展「播磨灘」京都Gallery i
2010年 庄 治政写真展「播磨灘」神戸浪漫珈琲館
2011年 庄 治政写真展「街景考」ニコンbis 大阪
2011年 庄 治政写真展「境界線」神戸ギャラリーMiyake