OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 「She Has A “PEN”」写真展

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

「She Has A “PEN”」写真展

「She Has A “PEN”」シリーズはオリンパスPEN Lite E -PL2の登場と合わせ、第二弾が月刊日本カメラをシリーズとして飾りました。前年のシリーズ以上に、PEN Lite E -PL2の操作性の簡便さ、良質な画像、スタイリッシュなデザイン性は、第二弾に登場した女子フォトグラファーの心を掴んだようです。登場した 6人の写真家たちは、それぞれ活躍するジャンルは異なりますが、共通するものがあります。それはしなやかさ、発想の大胆さといえるのではないでしょうか。ファーストバッターは、マルチな才能にあふれる安珠さん、3.11東北大震災を思いやっての表現をしてくれました。二人目の風景撮影を得意とする米美知子さん、きっちり三脚を使って撮影し、竹林とつくしの二重露光作品を仕上げました。次の川合麻紀さんは、“彩り写真家”の本領を発揮し明るい陽光あふれるイタリアの海岸を撮影、四人目はコンセプチュアルな作品で心境著しい朝海陽子さん、富士山をアートフィルター・トイフォトを使用して撮影し、現代の浮世絵であるかのごとく、意外性に充ちた作品を作ってくれました。第 36回木村伊兵衛賞受賞の下薗詠子さんは、アートフィルター・ファンタジックフォーカスを駆使して、“女性”性を追求した作品を仕立てました。6番目は沖縄在住の映像作家山城知佳子さん、自己を常に客体化した映像は世界的にも評価され、幅広いファンに支えられています。今回の作品も見応えのあるものとなりました。こうした作家たちとオリンパス PENとの出会いが紡ぎ出す世界を皆さんに堪能していただけたらこれほど嬉しいことはありません。オリンパスさんの協力のもと、日本カメラというメディアを通してなしえたことにささやかな喜びを感じます。 主催/日本カメラ社


(c)安珠

期間
東京:2011年11月10日(木)~11月16日(水)
大阪:2011年12月15日(木)~12月21日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日


(c)米美知子


(c)川合麻紀


(c)朝海陽子


(c)下薗詠子


(c)山城知佳子

作者略歴

Anju 東京生まれ。モデルにスカウトされジバンシーと契約し渡仏。国際的に活躍し、帰国後、写真家に転身。以後、文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界を創り続けている。主な作品集に『小さな太陽』など多数。写真以外にも文筆や講演、審査員など幅広く活躍中。

米 美知子 1967年東京生まれ。夢のある表情豊かな作品をテーマに、森や色彩美を求めて日本中を撮り歩く。2011年は本誌月例カラースライドの部を審査。『水のゆくえ』『~米 美知子の自然風景撮影術~情景探し』『米 美知子の素敵なタイトルの付け方』など著書多数。(社)日本写真家協会会員、(社)日本写真協会会員。
http://homepage3.nifty.com/Y-One~Photo/

川合 麻紀 横浜生まれ。彩り写真家。「The colors of nature」をテーマに自然風景を中心として撮影取材を行っている。爽やかでやわらかい描写を得意とし、アフリカ、カナダ、セイシェルなどの自然・動物、国内の風景や花などをメインに撮影。 独特の色表現で川合ワールドを展開中。写真展多数。2005年、2008年「趣味悠々」(NHK)に出演するなど、アマチュア指導でもわかりやすい指導で定評がある。(社)日本写真家協会会員。
http://kawaiphoto.cocolog-nifty.com/blog/

朝海 陽子 東京生まれ。ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(USA)卒業。さがみはら写真新人奨励賞、第9回コニカミノルタ フォトプレミオ特別賞など受賞。2011年、初写真集『sight』刊行(赤々舎刊)。2011年秋には国際芸術センター青森・ACACで新作を発表する他、東京都写真美術館のグループ展に参加予定。
http://www.mujin-to.com/artist_asakai.htm

下薗 詠子 鹿児島県いちき串木野市出身。1979年2月27日生まれ。 1999年ビジュアルアーツ専門学校、写真学科卒業後、1年間研究生として在籍。写真集『きずな』にて第36回木村伊兵衛賞、ビジュアルフォトアワード大賞を受賞する。在籍中の19歳より東京で雑誌の仕事を始める。雑誌、CDジャケット等で数多くのアーティストやオリンピック選手を撮影するかたわら、作品制作にも取り組んでいる。写真を撮られることの楽しさや喜びを体験して頂きたいと思い、一般の方を撮影する「ナチュラル・フォト」を始める。
http://www.eiko-shimozono.com/

山城 知佳子 1976年沖縄生まれ。 現代美術家、映像作家。ハイニシムイ(アート映像制作・映画製作)主宰。写真、映像インスタレーションの作品を発表する。主な展覧会参加に「沖縄県立美術館開館記念展『沖縄文化の軌跡 1872-2007』」沖縄県立博物館・美術館、「沖縄・プリズム 1872-2008」東京国立近代美術館、第2回恵比寿映像祭「歌をさがして」東京都写真美術館、日本の新進作家展「ニュースナップショット」東京都写真美術館など。
http://blog.goo.ne.jp/sorashi_a-sa