OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 塗師岡 弘次 写真展「ふ・た・り HUTARI」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

塗師岡 弘次 写真展
「ふ・た・り HUTARI」

今回の作品を撮り始めたきっかけは自身の年齢が 60才を越え、今まで僕を支えて頂いたり、助けて頂いた方々を夫婦の単位で写真に残したいという思いが強くなり 2008年の夏に 1組目のご夫婦を撮らせて頂きました。
もちろん 1番身近な肉親である兄夫婦たち、そして写真の道での恩師である Peter KNAPP氏、パリ時代を支えてくれたフランスの友人知人、東京での写真の師匠にあたる藤井秀樹氏など 1枚 1枚の写真を感謝を込めて撮影することができました。ほとんどの撮影が東京だったのですが、パリ、京都、実家のある金沢にお邪魔しての撮影はとても楽しい作業でした。
僕自身も結婚して 27年が過ぎ一人娘も 26才になりましたが最近はつくづく家族のありがたみを感じてしまいます。夫婦の持っている重みなどを感じながら被写体になって頂いたご夫婦の方々も色々な時の流れがあったろうなと思いながら最高の瞬間を残したいという思いで撮影を致しました。
今回のテーマはとても身近で地味なものかも知れませんが、本来、写真が持っている映像の強さを見る人々に充分感じ取って頂けると自分では思っています。

出展作品数:約 40点


(c)塗師岡 弘次

期間
東京:2011年9月29日(木)~10月5日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

塗師岡 弘次(ぬしおか こうじ)略歴

1947年 石川県金沢市に生まれる
1973年 フランス、パリに渡り LAURENCE SACKMAN氏の助手としてパリの生活をスタートする
その後 PETER KNAPP氏に師事する
1977年 「ELLE」誌にてカメラマンとしてスタートを切る
その後「MARIE CLAIRE」誌など、主にファッションの分野で活動
1981年 日本に帰国
主に広告の分野にて活動を始める
1991年 「KAREN GRACE 寸写」写真展  銀座コンタックスサロン
1992年 「HIROTSUGU NUSHIOKA EXHIBITION」   ハナエモリギャラリー
1993年 「VIVRE -家族日和」写真展  銀座コンタックスサロン
1996年 「NUDE」展  ハナエモリギャラリー
2000年 「京都の肖像 100人の写真展」  京都 清水寺経堂
2004年 「歌舞伎の肖像 片岡孝太郎展」  銀座コンタックスサロン
2006年 Exposition Portlait de KABUKI  パリ国立劇場 L'apostrophe