OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > MazKen 写真展「妄想空間;Fanciful Space (妄想と光画の空間)」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

MazKen 写真展
「妄想空間;Fanciful Space (妄想と光画の空間)」

1970 年以前の映画やTV ドラマ、小説や漫画ではSF(空想科学)という分野が子供たちに人気でした。物語で重要なキャラクターとなる乗物やメカニズムは、現代のCGで合理的かつ効率的にデザインされたものとは程遠い空想的・想像的な形状で、男の子の夢を掻き立てたものです。
本作品はそんな20世紀少年の妄想を、フォトグラフ(光画)で具象化した創作フォトです。実在する被写体を実写しながら、虚構の空間を組み立てる…いかにもデジタルフォトならではの光画遊びをお楽しみください。
撮影には、長年の愛機であるハーフ判フィルムカメラ(オリンパス・ペンFT)を多用。フィルム独特のノイズ感が、レトロモダン風の描写には最適な画材だったといえます。フィルムはスキャナでデジタル化し、画像加工を行っています。一般に画像加工やアートフィルターを「安易な表現」と見る向きがありますが、独自の世界を構築するために十数層ものレイヤー(デジタル的セル画)を組合わせ、さらに色調や画質を調節しています。1作品に1週間かかることも多く、これは音楽でいうスタジオワーク;ミキシングに相当し、デジタルフォトならではの作画法でしょう。プリントは和紙(阿波紙)を用い、特徴ある素材再現を持たせています。

出展作品数 約30点


(c)MazKen

期間
東京:2011年3月24日(木)~4月5日(火)
大阪:2011年5月12日(木)~5月18日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
※場合によっては、交通機関の影響により開催時間を短縮することがあります。※
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

MazKen(マツケン:松本 賢)略歴

日大文理学部卒。東京写真専門学校(現;東京ビジュアルアーツ)中退
1980~96年;在学中から自転車レース撮影でプロデビュー。自転車レース写真の草分けとして、海外レースフォトを広告や専門誌に提供。クルマ雑誌のレギュラーフォトグラファーとしても活躍。
1996年;病気のためフリー活動を休止し大手電気メーカーに就職。マルチメディア開発部門で制作を担当。
2003年;フリーランスにカムバック。自らを「フォトグラファー=光画師」と称し、写実を無視した自由奔放な創作フォト “Conceptional Photo” を得意とする。一方で旧型フィルムカメラを、現代流に遊ぶ啓蒙活動も展開している。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員
オリンパスプロサポート会員
ブログ;http://mazken.cocolog-nifty.com/

【主な著書(*作品集)】
OLYMPUS PEN オーナーズBOOK//モーターマガジン社(10)、OLYMPUS PEN E-P1 BOOK//モーターマガジン社(09)、光画*//ジャパンホビーツール(09)、憧れカメラスタイル//エイ出版(07) 、複製空間*//ナダール書林&リコシェ(06) 、時を超えるカメラ//エイ出版(05) 、自転車世界選手権公式写真集*//日本自転車競技連合(1991)

【主な作品展】
2010年 “Emotional Japonism”展  ベルギー日本大使館ギャラリー
2007年 “Digital Photo Art”展  ギャラリー・ルデコ
2006年 “ペンスケッチ展”東京・神戸  毎年開催のグループ展主催
2005年 “複製空間/Replication Space”展  オリンパスギャラリー
2005年 “時を超えるカメラ原画展”  南青山GALLERY SPACEKIDS
2003年 “Layered Poemgraph”展  南青山GALLERY SPACE KIDS
など多数