OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > ミャンマー・つれづれ 写真三人展 赤尾信敏 Thomas Kyaw Min Htin(チョウ ミン ティン)杉全 泰

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

ミャンマー・つれづれ 写真三人展
赤尾信敏 Thomas Kyaw Min Htin(チョウ ミン ティン)杉全 泰

「私は東南アジア大好きです。特にミャンマーの大きな自然が好きでカメラを抱えよく旅をします。仕事の合間に写真を撮るのですが、朝な夕なに垣間見せる光の美しさに魅せられています。あの色と風の香りを撮る事はできないものでしょうか」・・・赤尾
「日本では、私の国ミャンマーの政治不安や災害などの暗い負のイメージばかりが報道され、残念でなりません。このままでは日本の人に嫌われてしまいます。もっと明るく素敵なところがたくさんあります。いろいろな写真を見てもらいミャンマーに興味を持ってもらいたい」・・・チョウ
「80年前のボンネットバスが現役だし、40年前の日本の車が乗り合いタクシーで走っています。人々は仏教を信仰し、肩を寄せ合って生きています。『ビルマの竪琴』から『三丁目の夕日』まで。今でもそんな生き方が普通に残っているのです」・・・杉全
想いが募った三人は2010年11月の選挙後のミャンマーの写真を撮りにいきました。最新作を含め、三人がそれぞれの思いを持ちよった写真展です。ちなみに、作品プリントやパネルをミャンマー方式で仕上げました。

出展数 カラー約60点

期間
東京:2011年2月17日(木)~2月23日(水)
大阪:2011年3月10日(木)~3月16日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

赤尾信敏(アカオ ノブトシ)略歴

外交官
1937年岐阜県生まれ
国  籍:日本 京都大学法学部卒、同年外務省入省 本省勤務のほか、米国(ワシントン、ニューヨークなど)、アフリカ(ガーナ)、欧州(ロンドン、ウィーン、ジュネーブ)などでの勤務を経て、タイ駐在大使を務め、2002年に退職。2003年から08年まで日本アセアンセンター事務総長。現在、王子製紙(株)顧問など。
出版物:世界インフレと失業の克服(小宮隆太郎との共訳)(日本経済新聞社1977年)Japan's Economic Security(編著、王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)、ロンドン、ニューヨーク、1983年)地球は訴える-体験的地球環境外交論(世界の動き社、1993年)貿易、環境、東アジア経済統合、日本ASEAN関係等新聞雑誌へ寄稿

Thomas Kyaw Min Htin(チョウ ミン ティン・トーマス)略歴

企業家
1972年生まれ
国  籍:ミャンマー
B.A.(I.R.)(国際関係学科、ヤンゴン大学)
    :ホスピタリティ経営学(SHATEC、シンガポール)
    :MBA(一橋大学大学院、国際企業戦略研究科)
言語能力:日本語能力試験1級(1999年)
     英語(ビジネス通訳、ビジネス文書、会話)
キャリア歴:2000年にミャンマーポールスター旅行会社設立。2004年には若いミャンマー人の教育をサポートするためのベターライフ教育センターを設立。2007年から本格的に自国ミャンマーの写真撮影を続けている。

杉全 泰(スギマタ ヤスシ)略歴

写真家
1945年福島県生まれ
国  籍:日本 1969年成蹊大学政治経済学部卒、石黒健治スタジオ勤務 1975年独立
写真展:フィンランドの古い教会(東京・ミキモトギャラリー) 仏たちの変相―アジアの仏教風景―(ミノルタフォトスペース新宿)他
出版物:北欧の聖美術(聖文舎)・座禅入門(佼成出版社) 白隠を歩く(佼成出版社)・海を歩いたブッダ(KDDクリエイティブ) 図説・日本の職人(河出書房新社) 忘れがたき東京(角川学芸出版)他 人物や風景、建築文化、宗教写真等を新聞・雑誌に多数発表。