OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

現在位置
ホーム > 製品紹介 > コンパクトデジタルカメラ > OLYMPUS SZ-31MR >

製品特長:高画質フォト&ムービー

OLYMPUS SZ-31MR

  • トップ
  • 製品特長
  • 主な仕様
  • 製品外観
  • 実写サンプル
  • アクセサリー

※記載されている情報は発表当時のものですので、情報が古かったり、リンクが切れている場合がございますが、ご了承ください。

最新の機種はこちら

フォトもムービーも同時にさらに高画質で

フォトもムービーも同時に記録できる「マルチレコーディング」

子供の演奏会や運動会、結婚式など、一生の思い出になる瞬間は、写真もムービーも記録しておきたい。アップでもズームでも撮っておきたい。そんな想いに応えます。

フォト・イン・ムービー

フルハイビジョンの高画質ムービーを撮りながら、フル画素で写真も撮れます。連写もできるのでシャッターチャンスを逃がしません。

マルチフレーム

シーン全体をとらえる「ワイド」と被写体に寄った「ズーム」が同時に撮れます。ズームでは被写体を自動追尾させることもできます。

  • ※動画の記録サイズは720P以下に制限されます。

タッチパネル

タッチパネル搭載だから、ズームする位置も簡単に選べます。また、撮影中でもズーム位置を自由に変更できます。

動画による、マルチフレームの解説

回想フォト Photo+Movie

シャッターボタンを押したタイミングの前後の時間帯を3秒前、5秒前、7秒前から自動的にムービーで記録します。また、撮影後も3秒後までムービーで記録します。あとで写真を見返したとき、同時にムービーを見られるので、そのときの臨場感がありありとよみがえります。

マジックフィルター+オリジナル Photo or Movie

マジックフィルターありのムービー撮影中にオリジナルのムービーも同時撮影が可能です。もちろん、静止画でも同時撮影可能です。

マルチサイズ Photo or Movie

画像サイズの違う写真やムービーを同時に記録します。フルハイビジョンでしっかり高画質録画しながら、ブログやメールに便利なスモールサイズムービーも同時録画できます。

思い出を美しく残せる「フルハイビジョンムービー」

ムービーボタンを押すだけの簡単操作でフルハイビジョンムービーが撮影でき、臨場感たっぷりの動画を残せます。

歩行中の撮影でも安心、マルチモーション対応手ぶれ補正

歩行中のゆっくりで大きな手ぶれやズーム中に繰り返す小さなぶれ、被写体を追うときのぶれを補正します。

さらに、滑らかなフルハイビジョン「1080 60P」撮影にも対応

内蔵の2つの強力な画像処理エンジンを使って、フルハイビジョンで60P*3の滑らかな動画を撮影できます。

自動的に最適な設定になる iAUTOムービー

iAUTOモードでは、動画撮影中に被写体やシーンの状況が変わると、撮影の設定を自動的に最適化します。

iHSテクノロジー

デジタル一眼用高性能画像処理エンジン「TruePic」と高感度、低ノイズ化を可能とした「裏面照射型CMOSセンサー」が実現するiHSテクノロジーにより、ローライト性能/ハイスピード性能/シーン・被写体識別性能が飛躍的に向上しました。これにより、これまで難しかった夜景やアクティブな被写体の撮影に強みを発揮します。

マルチレコーディングを実現する「Dual TruePic Ⅴ」

センサーから送られてきたイメージを処理する画像処理エンジン「TruePic Ⅴ」を2つ搭載。それぞれの画像処理エンジンが平行して処理を行うことで、写真と動画を同時に記録したり、2つの異なるサイズの画像を記録することができます。

高感度、低ノイズを実現した「裏面照射型CMOSセンサー」

1600万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載。従来のCCDよりも集光率に優れ、低ノイズだから、夜景など暗いシーンの写真を美しく高精細に撮影できます。また高速処理により連続撮影も快適に楽しめます。

自動合成で最適な階調表現になる「HDR逆光補正」

1回の撮影で露出を変えた複数の画像を連写し、自動合成することで、最適な階調表現の写真が撮影できます。


1回の撮影で、露出を変えた画像を連写


高速処理による最適な階調表現

撮影シーンを自動で見分ける「iAUTO」 *1

カメラを被写体に向けるだけで、29シーンから最適な撮影モードを自動で判別するフルオートモード。ポートレートや風景モード時には、自動で逆光補正も行います。

目でとらえれない動きも記録「ハイスピードムービー」

目でとらえられないすばやい動きの被写体を記録し、2倍、4倍、8倍のスローモーション再生で見ることができます。

【スロー再生時の動画記録画素数】

  • 2倍スロー再生 1280×720
  • 4倍スロー再生 640×480(VGA)
  • 8倍スロー再生 320×240(QVGA)

決定的瞬間を逃さない「高速連写」

1600万画素で、最大10コマ/秒の高速連写を実現。さらに、高速連写モード では最大60コマ/秒*2の高速連写で、動いている被写体の決定的瞬間を逃しません。

  • *1 撮影シーンによっては、意図した撮影モードにならない場合があります。カメラが最適なモードを判定できない場合は、「プログラムオート」での撮影になります。
  • *2 画質は[3M]以下に制限されます。
  • *3 60P動画撮影時はフォトインムービーはできません。
  • ※写真はイメージです。